整形で美を手に入れよう|整形美ューティー

病気を克服する

乳房再建の内容等について

女性はその身体的特徴から、乳がんが発生する確率が高いです。乳がんは男性にも発生する場合はありますが、その発生率は女性の100分の1程度です。乳がんが発生するとその進行具合等によって、乳房の切除が必要となる場合があります。病気なので仕方のない事ですが、女性にとって乳房を失う事は精神的なショックが大きいものです。そこで、そのショックやこれからの生活の不便を解消する一つの手段として、乳房再建という手術があります。乳房再建は、乳房の切除をした女性が手にする事が出来る選択肢の一つです。そのため、必ず受けなくてはいけないという手術ではないです。必要がないと思えば、手術を受けないという判断をする事も出来ます。

具体的な手術方法等について

具体的な乳房再建手術の流れについてですが、まずはどの種類の手術を受けるかを選択する必要があります。乳房再建は大きく、人工乳房を使う、患者の体の他の部分の脂肪や皮膚等を使う、もしくはその両方の併用という種類に分ける事が出来ます。これらの種類の中から、患者の希望や体の状態等を考慮した上で手術方法が選択される事になります。どの方法を行なうかが決定したら、実際の手術に入ります。患者は全身麻酔をかけるのが一般的なので、痛み等を感じる心配はいらないです。手術にかかる時間は、患者の状態や手術の種類等によって異なります。例えば人工乳房を使う場合には1時間程度で済みますが、自分の体の部分を使うとなると数時間に及びます。